戻ります>HOME >ゴルフ会員権の会計処理方法

ゴルフ会員権の会計処理方法

ゴルフ会員権には、株式形式のものと預託金形式のものがあります。
いずれの形式であっても、取得価格により貸借対照表に計上します。
本来は、株式は時価評価すべきですが、ゴルフ会員権の場合には、ゴルフ会員権取扱会社で、提示される相場が主流であり、価格の信頼性と実現可能性を確保できるほどの市場の厚みがあると認められないためです。

株式形式の場合

ゴルフ会員権には減損会計の適用があります。すなわち、
株式形式のもについては、
著しい時価の下落があった場合には、回復可能性が合理的に立証できる場合を除いて、有価証券に準じて評価減を行ない、簿価を時価まで引き下げます。
減損の判定は、ゴルフ会員権取扱店で提示される相場を参考に行なうほか、そのような相場がない場合には、株式発行会社の財政状態の著しい悪化と回復可能性の判断に基づいて行ないます。

預託金形式の場合

預託金形式のものについては、
預託保証金部分に達するまでは直接評価損を計上し、預託保証金部分の減損は貸倒引当金を設定します。
評価減は、投資目的で保有するゴルフ会員権にはもちろんのこと、使用目的で保有する場合であっても適用します。
株式形式
預託保証金形式